@ブラジル

サイト管理人からのお知らせなど

2001年から2005年までメルマガ・出たっきり邦人でブラジルからライターをしていました。

もう今では卒業し、ライターはしていませんが、記録に残したいので、ここに残します…。

みどり@ブラジル

□■□■□                         □■□■□
■□■□■出たっきり邦人・米州編・ 02・12・24・134■□■□■
□■□■□                         □■□■□


     【みどりのブラジル生活】

       ・・・ その7 ・・・

みなさん、お久しぶりです。お元気でしたか?同じブラジルからのアズルさんがライターを休業されたようで、とても残念ですね。リオは、私の住んでいるところとは、違う文化なので、私も楽しみだったのですが…。早く復活できたらいいですね。

 


・・・ ナタウ ・・・

ブラジルでは、クリスマスの事を「Natal(ナタウ)」と言います。12月に入って、クリスマスの飾り付けも始まり、ブラジルのクリスマスでは必ずお目見えする「パネトーネ」というフルーツブレッドもお店に並び出しましたが、それでも、いまだに私には、他のみんなのように「もうすぐナタウだよ!」…みたいな気持ちが全く湧いてきません…。



何故か?



理由その1。多分、季節かも。

飾り付けがしてあっても、こう暑いと、いまいち雰囲気が出ませんよね。毎日お日様がサンサンと輝いてて、木陰に座っているおじさん、おばさんに、今日も暑いね〜って言われると、「クリスマス=冬・寒い」という感覚が未だに取れていない私には、ピンとこないようです。はっきし言って、暑すぎ。

理由その2。田舎だからかも。

買い物に行った時に、いつもより飾りが少しあるので、「あれ?今日って何の日?」と、勘違いしてしまいます。もうすぐナタウじゃない!って言われそうですが、ホント、お金を払う時まで気づきません。あるいは全く…。それも、私の住んでるところは大きな都市じゃないので、お店や、町中の飾りつけもいつもの飾りに毛がはえた程度なので、なおの事かもしれません。日本の私の故郷では、デパートに行った時にクリスマスの音楽がずっとかかっていて、デパートにいる間中、もう覚えてしまうくらいに同じ曲を聴いているので、デパートを出る頃には、体中がクリスマスを感じていました。しかし、うちの町にはデパートがない。マーケットに行っても音楽はかかっていない。お隣さんがいつもガンガン音楽かけていますが、それも、お決まりのサンバとか、アメリカの流行歌。季節感が全くありません。悲し…。


理由その3。子供がいないからかも。

子供でもいれば、クリスマスツリーを飾ったり、学校で何かクリスマス関連の行事があったり、クリスマスプレゼントをどうしようかとか、今の私のように、クリスマスの感じがしな〜い!とか言ってるとは思いません。私達にはまだ子供がいないので、わざわざそういう余分なことにはお金をかけないし、だから、なんとも味気のないクリスマスになってしまうのかもしれませんね。早く子供が出来て、子供達と一緒にブラジルでの暑いクリスマスを楽しめるようになりたいなぁ〜。

そういえば、ブラジルに来てからクリスマスカードも、年賀状も何も書いてない…。
気分が出ないってこともありますが、ただの横着者。クリスマス・イブ発信のメルマガなのに、全くクリスマスらしくなくってごめんなさいっ。

初めて年末を海外で過ごした時は、やっぱり年末〜お正月は日本にかぎる!と、最初の数年は年末には必ず日本に帰っていましたが(日本に夏には帰りたくないというのもありました。)、いつの間にか、雰囲気のない年末でも全く気にならなくなってしまいました…。しかし、今でも日本でのクリスマス、大晦日、お正月が一番好きです。

 ・・・ セン・テーハ ・・・

セン・テーハ(Sem Terra)とは「土地なし」と言う意味です。

私の住むマットグロッソドスル州では、町から町の間隔が、車で約1〜2時間あります。その1〜2時間の間、牧草地に大きな蟻山が沢山あったり、牧草地で牛が草を食べている景色が延々と続きます。そのところどころで、黒い大きなビニールのゴミ袋で家を作って住んでいる人たちをよくみかけますが、その人たちが「セン・テーハ(土地なし)」と呼ばれる人々です。彼らは、空いている土地に住み着いて、同じ土地に5年住んだら、その土地をもらえるそうです。

その空いている土地が、いくら誰かの所有の土地であっても、5年間住み続ければその土地は彼らのものになります。彼らに目をつけられたら終わりで、追い出しても追い出しても、帰って来るそうです。大地主からしたら、頭痛の種でしょうね。

この制度は、ブラジルでは大地主が沢山いるので、「広い土地をほったらかしていて、どうせ使わないなら、土地がなくて働きたくても働けない人たちにあげて、その土地を有効に使いましょう」ということで始まったようですが、実際には、単なる土地欲しさに住み着いて、土地が手に入ったら誰かに売ってしまうというような人たちがかなりいるそうです。

実際にこれを行っているのは、INCRA(国立農地改革院)と言う機関です。
空いている土地に勝手に住み着いてもいいのですが、それだと有効な土地だということで一旦住み着いても追い出される可能性もありますが、INCRAが目をつけた土地になると追い出される可能性がほとんどないので、多くの人たちがやって来ます。

私もそのINCRAに土地を目をつけられた人を知っていますが、その人が自分の土地に行った時には、そこには牽引車の付いたバイクが横付けされていていたそうです。決して貧しいとは思えない、サングラスをかけたバイクの持ち主の指示で、貧しそうな人々がビニール袋で家を組み立てていて、その貧しい人々を後に、そのバイクは去っていったそうです。INCRAから目をつけられているという情報が入るや否やの出来事だったそうです。

初めてビニール袋の家に住む人々を見た時と、この制度のことを聞いたときはとても驚きました。その頃は素直に貧しい人々の暮らしが良くなればいいのにな〜と思いましたが、この制度で商売をしていると思われる人も沢山いるようですし、本来の目的がどの程度達成しているのかは疑問です。結局、貧しい人は、貧しいままのような気がします…。

 ・・・ おまけ ・・・

10日間ほどサンパウロに行ってきました。サンパウロは夏なのに、とても涼しく、過ごしやすかったです。そのおかげで、風邪を引いてしまいました…。

サンパウロのデパートや、モール、町並みはアメリカみたいです。しかし、もちろんアメリカより危険度は高そう…。ブラジルはやはり大きな国です。まだまだ見てない地域もた〜くさんあるので、いろいろと行ってみたいなぁ〜。本当に奥の深い国ですね。

それでは、次回まで。チャオ!

みどり@ブラジル



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
Trackback URL

Add a comment

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

プロフィール

みどり

ブラジル書籍










コメントありがとう♪
メルマガ登録
ブラジル料理のレシピを配信!
メルマガ購読・解除
ブラジル☆まるかじり
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ
人気ブログランキング♪
↓ポチッと応援よろしくおねがいします!☆(^∀^)/
人気blogランキングへ
FC2 Blog Rankingへ
つぶやきfromブラジル
ブラジルあれこれ商品
ブラジルコーヒー
ブラジルのコーヒーは有名ですよね。是非一度、濃いブラジルコーヒーを味わってみてください!

ブラジルのお菓子
ブラジルのお菓子は日本のお菓子には負けますが、ちょっと味見してみてください。案外はまるかもしれません。

ポンデケージョ
今は誰もが知っている『ポンデケージョ』。チーズのお菓子です。もちもちして、と〜っても美味しいです。ミックスが売っていますので、おうちで簡単にできちゃいます!

ブラジルのプロポリス
いわずとしれた天然の抗生物質『プロポリス』。我が家では、病気の時はこれ1本です。

ブラジルのアガリクス
実は私は飲んだことのない『アガリクス』。今、ちょっと問題になっていますので、ちゃんとしたところから購入してくださいね。

ブラジル音楽
ブラジルの音楽といえば、サンバ・ボサノバ…。ん〜、私はあまり興味ないけど、ボサノバならいいかな…?

ブラジルサンバ
私も聴いてみないとな…。

ブラジルのファッション
ブラジル人のファッションといっても、サンパウロやリオならファッションって感じだけど、他の地域は普通に短パンとTシャツで、ぞうり履いています。ショック?
QRコード
QRコード